Adobe、手元の書類をデジタル化するiOS向けスキャンアプリ「Adobe Scan」をリリース

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

本日、iOS向けにアプリ版の「Photoshop」などをリリースしているAdobeが、光学式文字認識(OCR)を搭載し、手元のレシピ、メモ、絵、文書、名刺、ホワイトボードなどを素早くPDFファイルに変換することのできるiPhone/iPad向けのスキャンアプリ「Adobe Scan」をApp Storeでリリースしました。

スポンサーリンク

iOS向けアプリ「Adobe Scan」を使えば手元の書類が簡単にデジタル化

Adobe Scan」は、光学式文字認識(OCR)が搭載されたスキャンアプリ。レシピ、メモ、絵、文書、名刺、ホワイトボードなどのあらゆるものをiPhoneやiPadのカメラでスキャンして簡単にデジタル化し、PDFファイルとして保存することができます。

スキャン画像は高度な画像テクノロジーにより、境界線を自動的に検出し、スキャンしたコンテンツをシャープに補正してくれる他、自分でプレビュー、並べ替え、切り抜き、回転およびカラー補正なども可能。

過去にカメラロールに保存しておいた写真を修正することもできるので、とりあえずスキャンしておいて後から修正するという使い方もでき、編集、Microsoft Officeへの変換、入力と署名、追跡可能な署名のための送信も可能となっています。

また、光学式文字認識(OCR)が自動でテキストを認識してくれるので、「Adobe Acrobat Reader」で使用可能な高品質なPDFを作成することもでき、一度スキャンして終わりではなく、スキャンしたコンテンツを再利用することができるので、書類の管理が格段に楽になります。

さらに、スキャンしたコンテンツを「Adobe Document Cloud」に保存しておくことで、保存したコンテンツにすばやくアクセスしたり共有したりもできる他、テキストを検索したり、大事な文章をハイライトしたり、メモを追加したりがいつでもどこでも出来るように。

なお、アプリの価格は無料ですが、アプリを使用するには「Adobe Document Cloud」メンバーシップの一環として、無償のAdobe IDに登録する必要があります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク