Amazon、新型「Fire 7」「Fire HD 8」を発表 – 6月7日に発売へ スペック比較も公開

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

本日、Amazonが、さらに軽く、薄くなった「Fire 7」と高性能・高コスパの「Fire HD 8」を発表しました。

Fire 7」「Fire HD 8」ともに、前モデルから大きくスペックアップ。当ブログでは各モデルのスペック表も作成したので是非チェックしてみてください。

SPONSORED LINK

新型「Fire 7」と「Fire HD 8」のスペック比較

さらに軽く、薄くなった新型「Fire 7」と、高性能・高コスパの新型「Fire HD 8」のスペックは下記の通り。(赤字は前モデルからの変更箇所)

Fire 7 Fire HD 8
価格 8,980円 11,980円
ディスプレイサイズ 7インチ 8インチ HD
解像度 1024 x 600 (171ppi) 1280 x 800 (189ppi)
カラー ブラック ブラック
プロセッサ クアッドコア1.3GHz クアッドコア1.3GHz
オーディオ モノラルスピーカー
マイク
Dolby Atmos、
デュアルステレオスピーカー
マイク
ストレージ 8/16GB 16/32GB
microSDカード 256GBまで対応 256GBまで対応
カメラ フロントカメラ
+2メガピクセルリアカメラ
フロントカメラ
+2メガピクセルリアカメラ
Wi-Fi デュアルバンド
a/b/g/n
デュアルバンド
a/b/g/n
バッテリー 8時間 12時間
サイズ 192 x 115 x 9.6mm 214 x 128 x 9.7mm
重量 295g 369g

新型「Fire 7」

まず、新型の「Fire 7」は、前モデルと同じ7インチ(1024 x 600 (171 ppi))のディスプレイながら、ピクセル形状を正方形に変更したことで画像や文字の視認性がより高くなり、画面が見やすくなった他、長時間使っても目が疲れないようになっているとのこと。

また、本体の厚みも前モデルから1mm薄くなり、重さも295gに軽量化されていて、新たに256GBまでのmicroSDカードやWi-Fiの5GHz帯もサポート。ランダム落下テストでは耐久性がiPadシリーズの2倍あることが実証されています。

価格は8GBモデルが8,980円(税込)、16GBモデルが10,980円(税込)。

新型「Fire HD 8」

次に、新型「Fire HD 8」は、microSD外部ストレージの容量を最大256GBまで拡張可能になったことと、価格が前モデルから1,000円値下げされたことが最大の特徴。

ディスプレイ(1280 x 800 (189ppi))やバッテリー駆動時間(12時間)は前モデルから据え置きで、大きな変化は少ないものの、地味ではあるが重要な外部ストレージの最大容量がアップデートされた上で、前モデルより価格が抑えられているのでコストパフォーマンスがより高くなっています。

なお、「Fire 7」「Fire HD 8」は両モデルともに6月7日に発売予定で、すでに予約受付も開始されています。

スペックは高スペックとは言いがたいものの、普通に使う分には十分すぎるほどのスペックで、ウェブブラウジングやAmazonプライムビデオ、Hulu、YouTubeなどの観賞用にタブレットを探している人にはコストパフォーマンスを考えると非常にオススメなタブレットとなっています。

さらに、「Fire 7」と「Fire HD 8」の発売を記念して、4,000円OFFで購入できるプライム会員限定のクーポンコードも配布中。また、6月23日までの期間限定でFireタブレットの購入者にビデオ用クーポン990円分をプレゼントするキャンペーンも実施されていますで、購入を考えている人はこの機会に是非どうぞ。

プライム会員限定の4,000円OFFクーポンコードは下記の通りなので、「Fire 7」と「Fire HD 8」を購入する際にはクーポンコードの入力をお忘れなく。

Fire 7:PRIMEFIRE7
Fire HD 8:PRIMEFIREHD8

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


PAGE TOP