Amazon、人工知能スピーカー「Amazon Echo」を2017年内にも日本国内で発売か!?

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

Amazonが販売する「Amazon Echo」は、音声制御パーソナルアシスタント「Alexa」を搭載した人工知能スピーカーで、アメリカ、イギリス、ドイツで販売され、大人気のスピーカー型エージェントですが、Newsweekによると、2017年内にも日本国内で発売される可能性があることが明らかになりました。

SPONSORED LINK

7個のマイクが搭載され、1秒以内にレスポンスが

この情報を明かしたのはIT評論家の湯川鶴章氏で、業界関係者の話によると。日本でも年内に発売になる可能性が高いとのこと。

「Amazon Echo」には7個のマイクが搭載されているので部屋の中の音声を正確に拾うことができ、1秒以内にレスポンスが返ってくることが大きな特徴となっています。

さらに、「Amazon Echo」に搭載されている音声技術「Alexa」が多くのサードパーティに採用されているのも大きな特徴で、機器連携の事実上の業界標準になりつつあり、アメリカなどでは「Alexa」の音声コマンドを使うことで、テレビをつけたり、照明を暗くしたり、ピザの配達を注文したり、どこに置いたか忘れたスマホを探したりすることも出来るそうです。

また、連携サービス数は、2015年9月時点では14しかありませんでしたが、2016年9月には3000を超え、2916年12月には5400を超えており、年明けのイベントでAmazonの幹部は「7000を超え、さらに多くのデバイスの発売が予定されている」と語ったとのことです。

なお、この「Amazon Echo」は、2014年11月にアメリカで発売され、2016年にはイギリスとドイツでも発売されており、現在は英語とドイツ語に対応していますが、日本で発売されるには日本語に対応できるかどうかが鍵となりそうです。

[via 気になる、記になる…]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


PAGE TOP