【MUFGと】Google、今秋にも日本国内で「Android Pay」のサービスを提供開始!【提携】

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

日本経済新聞が、複数の関係者の話として、Googleは、三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)と組み、今秋にも日本でスマホを使った電子決済サービス「Android Pay」を始めると報じています。

SPONSORED LINK

「Android Pay」は、Googleが2015年秋に米国で始め、現在は英国とオーストラリア、シンガポールでも提供されており、利用には「Android 4.4」以降のOSを搭載し、近距離無線通信規格「NFC」に対応したスマホが必要となっています。

日本ではまず、三菱東京UFJ銀行が発行しているデビットカードに対応するそうで、年内にも三菱UFJニコスが発行するクレジットカードでも使えるようになるとのこと。

また、GoogleはJR東日本やNTTドコモ、楽天、ジェーシービー(JCB)など他の電子マネー大手と、読み取り機などシステムへの相乗りを求めて協議を進めているそうです。

なお、「Android Pay」はカード会社から決済手数料を取らないそうで、Googleは利用者の消費行動に関するデータを収集・分析し、一人一人に提供する情報や広告の精度をさらに高めることで、収益の柱である広告事業の拡大を狙っているとしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク