【注意喚起】Anker製品の悪質な偽造品が出回っている模様 – 写真付きで本物の見分け方を紹介

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

高品質かつ低価格のモバイルバッテリーやUSB急速充電などスマホアクセサリーを販売し、数々のユーザーから支持を得ているAnkerが「Anker製品の偽造品に関するご注意」というプレスリリースを公開。

Anker製品の悪質な偽造品がAmazonなどのオンラインショップで販売されているとして注意を促しています。

スポンサーリンク

パッと見で見分けられない偽造品が取り扱われていることも

現時点で偽造品の販売が確認されているのは「Anker PowerCore 20100」と「Anker PowerLine ライトニングUSBケーブル0.9m」の2種類

これらの偽造品はAmazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングの一部の店舗での取り扱いが確認されており、Ankerが設計・生産したものでないにも関わらず、Ankerの商標などを不正に表示していて、パッと見で見分けられないような製品も多数出回っています。

上記の画像では左が正規品、右が偽造品で、偽造品は各端子の向きが正規品とは逆向き(下向き)で、端子がグリーンになっていることがあるとのこと。

また、モバイルバッテリー「Anker PowerCore 20100」の簡単な見分け方として、偽造品はPowerCore本体を収納ケースにきちんと収納できない場合があると紹介されています。

さらに「Anker PowerLine ライトニングUSBケーブル0.9m」の場合は、左の正規品にのみシリアルナンバーが刻印されていて、右の偽造品には刻印されていないことを確認できます。

これらの偽造品を購入して問題が発生したとしてもAnkerではサポートしてもらうことができず、もしも事故が発生しても完全に自己責任となるので、オンラインショップで購入する際にはAnkerの直販店かどうかを確認してから購入してほしいと案内されています。ちなみにAnkerの直販店は下記の通り。

・AnkerDirect(Amazon店)
・アンカー・ダイレクト楽天市場店(楽天市場店)
・AnkerDirect(Yahoo!ショッピング店)

なお、プレスリリースにはその他にも偽造品の細かい見分け方が紹介されていて、万が一の事故を起こさないためにもAnker製品を購入する予定の方は一度下記のリンクからチェックしてみてください。

パッと見では見分けられない偽造品ですが、刻印のフォントサイズや使われているパーツの材質、さらにパッケージの記載内容など様々な違いがあるので、しっかりと確認すれば簡単に見分けることができます。

Anker製品の偽造品に関するご注意 – プレスリリース

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク