Apple、ドイツ「ポルシェ」のル・マン技術責任者を引き抜く – 自動車開発のために専門家の採用を強化

スポンサーリンク

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

ロイターが、関係筋の話によると、Appleが、ドイツ「ポルシェ」を耐久自動車レースの最高峰「ル・マン」の勝利に導いた立役者の1人とされるアレクサンダー・ヒッチンガー氏を引き抜いたと報じています。

スポンサーリンク

自動車開発のために専門家の採用を強化

ポルシェは2015、16年に「ル・マン」を制しており、アレクサンダー・ヒッチンガー氏は技術責任者として、ポルシェの「ル・マン」復帰と、新たなレーシングカー「919ハイブリッド」の開発を支えたそうです。

また、アレクサンダー・ヒッチンガー氏本人とAppleはコメントを控えていますが、ポルシェは春にアレクサンダー・ヒッチンガー氏が退社したことを認めています。

なお、Appleは自社での自動車開発を模索しており、自動運転の技術の開発を進めていることが運輸省に宛てた書簡の中で明らかにされていますが、自動車開発のプロジェクトチームから数百人が去ったり、マクラーレンとの交渉が上手く行かなかったりと、進捗状況は決して順調とは言えず、アレクサンダー・ヒッチンガー氏の引き抜きは専門家の採用を強化しているとみられています。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク