「MacBook Pro (Late 2016)」の修理受付停止の原因は修理診断ツール提供の遅れか!?

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

先日の記事で、Appleが「MacBook Pro (Late 2016)」全モデルの修理受付を停止していることをお伝えしましたが、Macお宝鑑定団Blogは、修理受付停止の原因は修理診断ツールの提供が遅れていることにあるようだと報じています。

SPONSORED LINK

結局は故障箇所を特定出来ないため

当初は、2016年12月13日より「MacBook Pro (Late 2016)」に対応したOSベースの診断ツール「Apple Service Toolkit」を提供するはずだったそうですが、未だに提供されていない状況なので「MacBook Pro (Late 2016)」の故障箇所を特定できず、修理受付が行えない状況が続いているとのこと。

Appleでは診断ツールの診断結果を元に該当修理部品の発注を行う仕組みになっており、診断できない状態で修理受付したとしても、先に進むことが出来ず、修理が現実的に行えない状況だそうです。

ただし、修理分解を行うための道具や修理部品の準備は出来ている状態だそうで、あとは診断ツール「Apple Service Toolkit」の更新待ちとみられていますが、画面が乱れるなどのGPU関連の不具合が影響して診断ツールの更新が遅れている可能性もあるとのことです。

なお、筆者の環境では「macOS Sierra 10.12.2」へのアップデート後は同問題が発生しておらず、GPU関連の問題は解決したものと思っていたのですが、未だに同問題を訴えているユーザーが多く、いつ同様の不具合が発生してもおかしくはないので、Appleには早急に対応してもらい、安心して「MacBook Pro (Late 2016)」を使える状況にしてもらいたいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク