Apple、2017年に発売の次期「iPhone」に有機ELディスプレイを採用か!? – 有機ELパネルの量産工場を建設へ

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

日本経済新聞によると、台湾の鴻海精密工業と傘下のシャープは、中国で新設に向け調整を進めているスマートフォン向け有機ELパネルの量産工場について、河南省鄭州市に建設する検討に入ったことが明らかになりました。

スポンサーリンク

2017年に発売の次期「iPhone」に搭載か

Appleは、2017年内にも「iPhone」に有機ELパネルを搭載する予定とのことで、鴻海精密工業は鄭州市に「iPhone」の組み立て工場を持っており、有機ELパネルも生産することで、輸送費などのコストを抑えられることから、有機ELパネルの量産工場を建設することを計画しているとのこと。

ただし、有機ELパネルは効率よく量産するのが技術的に難しく、Appleがどれだけ調達するかも不透明なことから、シャープの戴正呉社長は量産工場について、日本国内の堺市などに約570億円を投じて2018年に稼働させると発表していた試作ラインの生産がうまくいけば検討するとの考えのようです。

また、一般的に有機ELパネルの大型工場の建設には数年はかかるとされており、試作の成功後では量産時期が大きくずれ込む可能性があるので、韓国勢など競合他社にさらに引き離される懸念もある上、2017年の「iPhone」には間に合わず、有機ELディスプレイが採用されるのは2018年、もしくは2019年の「iPhone」になる可能性もあります。

なお、これまでの情報では次期「iPhone」シリーズ向けの有機ELパネルはSamsung Displayが独占的に供給するとも報じられており、鴻海精密工業とシャープが生産する有機ELパネルは、早くても2018年以降の「iPhone」に搭載される可能性が高そうです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク