Apple、iPhoneやiPad向けに独自のグラフィックチップを開発中か!?

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

現在の「iPhone」や「iPad」には、イギリスのイマジネーション・テクノロジーズのグラフィックチップを採用されていますが、Appleは、同社のグラフィック技術の利用を2年以内に停止すると通知したことが明らかになりました。

スポンサーリンク

Apple独自のグラフィックチップが開発中

ロイターによると、Appleが、イマジネーション・テクノロジーズにグラフィック技術の利用を2年以内に停止すると通知したことで、ロンドン株式市場で同社の株価が一時70%以上も超急落したとのこと。

イマジネーション・テクノロジーズはAppleに技術ライセンスを提供し、iPhoneやiPad、Apple Watchに使われるすべてのグラフィックチップに関し、少額のロイヤルティーを受け取っているそうですが、すでにAppleは2年以内の利用停止を通知したそうです。

イマジネーション・テクノロジーズのグラフィック技術の利用を停止する理由は、Appleが独自のグラフィックチップを開発していることにあり、この独自グラフィックチップの順調に開発が進むかは不明ですが、すでに利用停止を通知したということは完成のメドが立っているのかもしれませんね。

なお、今回の情報はAppleが正式に発表したものではありませんが、もしも本当であれば2018年以降のiPhoneやiPadにもApple独自のグラフィックチップが搭載される可能性があります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク