【投資額は】Apple、ベトナム中部のダナンに開発拠点を設立へ【10億ドル】

スポンサーリンク

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

日本経済新聞によると、Appleが、ベトナム中部のダナンにデータセンターや開発拠点などを設立することを計画していることが明らかになりました。

スポンサーリンク

投資額は10億ドル(約1000億円)

Appleの開発拠点はベトナム初だそうで、投資額は10億ドル(約1000億円)でデータセンター、開発拠点などを整備する見通しで、今月下旬にも正式決定するとのこと。

なお、ダナンはIT(情報技術)都市を目指しており、市人民委員会もIT誘致に熱心で、税制優遇などの利点などから、日立製作所、Microsoftなども進出しているそうです。

また、ベトナムでは2014年で1200万台と急速にスマートフォンが普及しており、交流サイト、ゲームなどの使用頻度も高いので、顧客の情報を保管するデータセンターのニーズも大きく、将来はカンボジア、ラオスなど隣国もカバーできるインドシナ半島の拠点に育てる狙いもあるとみられています。

さらに、ダナンはベトナム第3の都市で、IT人材が多いうえ、人件費はハノイなどに比べて2~3割安いとのこと。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク