FCCを通過したAppleの未発表ワイヤレスデバイス「A1844」の正体が判明!

スポンサーリンク

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

昨年9月にAppleが、未発表のワイヤレスデバイス「A1844」をFCC(米連邦通信委員会)に申請していたことをお伝えしましたが、本日、ついにこの謎のワイヤレスデバイスの正体が明らかになりました。

スポンサーリンク

新型「Apple TV」との噂もあったが…

Business Insiderによると、この「A1844」はFCC(米連邦通信委員会)が公開した資料からドアの内部に取り付けられるバッジ読み取り装置である事が明らかになりました。

このデバイスはドアに取り付けられ、バッジをかざすことで音とLEDの光によってロックの解除を知らせる装置で、Apple Storeなどで業務用に利用されるデバイス、もしくは時期的にもAppleの新本社キャンパス「Apple Park」内で利用されるデバイスだと思われます。

なお、今年1月には「A1845」や「A1846」もFCCに申請されていますが、これらも型番が連番であることから同じようなデバイスであるとみられており、BluetoothとNFCのテストを受けていたことから新型「Apple TV」との噂もありましたが、残念ながら「Apple TV」とは全く関係のないデバイスだったようです。

[via 気になる、記になる…]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク