【Samsung製】Apple、「iPhone 6s/6s Plus」は「A9」プロセッサの製造元によってバッテリー性能に2〜3%の差があることを認める【TSMC製】

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

ここ数日、「iPhone 6s/6s Plus」のバッテリー性能が「A9」プロセッサの製造元によって差があることが話題になっていますが、9to5Macによると、Appleが「iPhone 6s/6s Plus」は「A9」プロセッサの製造元によってバッテリー性能に2〜3%の差があることを認めたことが明らかになりました。

スポンサーリンク

実際の違いは2〜3%以内

Appleは、ベンチマークテストからバッテリー性能に差が出ていることについて、バッテリーがなくなるまでCPUに連続的に高負荷をかけるテストは実際の利用状況を表すものではなく、Appleが行ったテストでは、実際の違いは2〜3%以内に収まっているとし、Appleの基準を満たしたバッテリー寿命を実現しているとしています。

また、ストリーミング動画の視聴などのCPUに高負荷をかけない軽い作業の場合は大きな差が出ないことも判明しています。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク