「iOS 10.3」ではファイルシステム「APFS」が採用され端末の起動時間が20%前後高速化!

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

先日、Appleが、開発者向けに「iOS 10.3 beta」をリリースしたことをお伝えしましたが、この「iOS 10.3 beta」では新しいファイルシステム「Apple File System(APFS)」が採用されており、端末の起動時間が20%前後高速化されていることが明らかになりました。

スポンサーリンク

「APFS」で端末の起動時間が20%前後も高速化

以下の動画はiAppleBytesが、「iOS 10.3 beta」と「iOS 10.2.1」をインストールした「iPhone 5/5s/6/6s」をそれぞれ用意し起動時間を比較したもので、全ての「iOS 10.3 beta」を搭載した端末で起動時間が20%前後も高速化されていることが確認されています。

iOS 10.3 beta iOS 10.2.1 起動時間の差
iPhone 5 40.49秒 48.06秒 7.57秒
iPhone 5s 29.92秒 35.80秒 5.88秒
iPhone 6 23.08秒 29.08秒 6.0秒
iPhone 6s 15.15秒 18.15秒 3.0秒

「Apple File System(APFS)」はその名の通りAppleが開発したファイルシステムで、HFS+後継のファイルシステムとして位置づけられており、SSDやフラッシュストレージに最適化されているので、大容量ファイルの取り扱いが得意なのが特徴となっています。

この「Apple File System(APFS)」は、2016年6月13日に開催された「WWDC 2016」で発表され、2017年の「macOS」への導入を目処に開発が進められていましたが、どうやら先に「iOS」への導入が実施されたようです。

なお、iAppleBytesでは、アプリの起動時間なども比較検証されていますが、今のところ起動時間以外に大きな差はなく、ユーザーへの恩恵は少ないように思いますが、「Apple File System(APFS)」は大容量ファイルの取り扱いが得意なので、容量の大きなアプリの起動時などに恩恵を得ることが出来るかもしれません。

[via iAppleBytes]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク