Apple、App Storeで動画配信アプリの課金徴収の軽減を計画か!?

スポンサーリンク

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

Bloombergが、事情に詳しい複数の関係者によると、Appleは、App Storeで動画配信アプリの定額課金から徴収する割合を引き下げる計画のようだと報じています。

スポンサーリンク

従来の30%から15%に引き下げ

徴収する割合を引き下げる理由は、Appleの動画戦略にとって重要な意味を持つ映画やテレビ番組ソフトを所有するパートナー企業の不満に対応するためだそうで、定額課金から徴収する割合を従来の30%から15%に引き下げる予定とのこと。

また、動画配信以外のアプリについては、ユーザーが2年目以降も定額課金で利用を続けた場合に限り、定額課金から徴収する割合を15%に引き下げるとのことです。

なお、この件に関して、Appleの広報担当トム・ノイマイヤー氏はコメントを控えたそうです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク