Apple、自動運転車の公道試験走行を開始 – アメリカでテスト車のレクサスの目撃情報が

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

先日の記事で、Appleが現地時間4月14日にアメリカでカリフォルニア州車両管理局から公道で自動運転車をテストする認可を取得したことをお伝えしましたが、Bloombergによると、Appleの公道試験走行テスト車両である「2015年式 レクサス RX450h」が始めて目撃された事がわかりました。

スポンサーリンク

カメラやセンサーを取り付けた公道試験走行のテスト車両

Appleは、アメリカのカリフォルニア州で3台の「2015年式 レクサス RX450h」と6人のドライバーを対象とした公道で自動運転車をテストする認可を取得していますが、今回目撃されたのはそのうちの1台。

公開された写真を見る限りでは、自動運転のテストのために複数のカメラやセンサー、さらに車両の上にはレーダーが搭載されていますが、業界に詳しい専門家によると、これらはAppleのカスタムメイドではなく、サプライヤーの製品が利用されているとのこと。

一度は消滅したとまで噂されていたAppleの自動車開発プロジェクト「プロジェクト・タイタン」ですが、今回の報道によって着実に進歩している事が明らかになりました。

なお、Appleが実際に公道試験走行のテストを開始したということは、今後もテスト車両の目撃情報は続々と報じられるのではないでしょうか。それにしてもAppleも自動運転車が最終的にどのようなデザインになるのか今から楽しみですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク