【QNXの技術者】Apple、カナダで自動車の車載用OSを開発中!?【約24人を採用】

スポンサーリンク

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

Bloombergが、事情に詳しい複数の関係者によると、Appleは自動車用基本ソフト(OS)を開発する技術者数十人をカナダに配置しており、極秘プロジェクトとして車載用OSを開発しているようだと報じています。

スポンサーリンク

QNX出身の技術者を約24人採用

カナダで働く技術者の多くは過去1年間に採用されており、約24人はブラックベリー傘下の大手車載ソフト会社QNXの出身とのことで、AppleがQNXの従業員に目を付けたのはOSの基本部分やパワーマネジメント機能を開発した経験が理由だそうです。

また、AppleがQNXから採用した最も注目の人材は、QNXの最高経営責任者(CEO)だったダン・ダッジ氏で、同氏はAppleの自動車分野のイニシアチブ「プロジェクト・タイタン」に今年参加して以来、車載OS事業の統括でより大きな役割を担っており、カナダとカリフォルニア州を行き来しているとのこと。

なお、ブラックベリーのマーティー・ビアードCEOは、AppleがQNXの人材を採用していることに関して質問されると「驚くことではない。大手テクノロジー企業は世界的に人材採用合戦を繰り広げている」とコメントしており、Appleの広報担当は今回の件に関してコメントを控えているとのことです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク