Apple、文字、エフェクト、 グラフィックスなどをつけた動画が簡単に作成できるiOS向けアプリ「Clips」を発表!

2017年3月22日

スポンサーリンク

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

本日、Appleは「iPhone 7/7 Plus」のレッドモデルと新型「iPad」の9.7インチモデルを発表しましたが、同時に文字、エフェクト、 グラフィックスなどをつけた動画が簡単に作成できるiOS向けアプリ「Clips」も発表しています。

スポンサーリンク

話すだけでアニメーション化された文字が追加可能

Clips」は、文字、エフェクト、グラフィックスなどをつけた動画を簡単に作り、友達などに見せることが出来るiOS向けアプリで、ライブタイトル機能を使うと、撮影中に話すだけでアニメーション化されたキャプションを簡単に作ることができます。

また、ビデオを引き立てるフィルタや絵文字、吹き出しや矢印などを重ねることもできる上、ビデオの長さに合わせて自動的に調整される音楽を加えて盛り上げることもできるとのことで、Twitter、Instagram、Facebook、YouTubeで作成した動画を共有することもできます。

なお、リリース時期は4月上旬、価格は無料となっており、Clipsではビデオに映っている人を認識して、そのビデオを見せる相手をオススメしてくれる他、表示された名前をタップするだけで、メッセージアプリを使ってその人にビデオを送信することもできます。

Clips – Apple

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク