【Apple】Touch IDを搭載しているデバイスで画面を非正規または不正に交換した場合にアップデートや復元ができない場合があることを案内【サポート】

スポンサーリンク

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

Macお宝鑑定団Blogによると、Appleは、Touch IDを搭載しているデバイスで画面を非正規または不正に交換した場合にアップデートや復元ができない場合があることを案内しており、サポートドキュメント「エラー 53 が表示される場合や、iPhone または iPad をアップデートまたは復元できない場合」を公開しています。

スポンサーリンク

専用サーバーを通じて再ペアリングが出来ない

iOSデバイスがTouch IDを搭載している場合、アップデートまたは復元の最中に、Touch IDセンサーがiOSデバイスのほかのコンポーネントと合っているかチェックされるのですが、画面を非正規または不正に交換した場合チェックが失敗する要因となるとのこと。

Touch IDのチェックが失敗になると、アップデートは最後まで実施されず、デバイスに「iTunes に接続」画面が表示されたり、コンピュータ上の iTunes で「iPhone [デバイス名] を復元できませんでした。不明なエラーが発生しました (53)」というようなメッセージが表示されます。

Genius BarでTouch IDの修理交換を行う際には、Apple専用サーバーを通じて再ペアリングが行われますが、非正規修理業者ではこれが出来ないため、コンポーネントのチェックに失敗してしまい、システムからTouch IDの設定項目も消え、ロックが解除出来なくなり、結果「エラー 53」が表示されるとのこと。

なお、Apple正規サービスプロバイダでの修理の場合は、Touch IDの仕様上、本体交換(ホールユニット交換)による修理か、コールセンター送付にて修理が行われるそうです。

エラー 53 が表示される場合や、iPhone または iPad をアップデートまたは復元できない場合

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク