Foxconnの内部関係者が「iPhone 8」や「Siriスピーカー」さらに「ARグラス」や新型「Mac」に関する内部情報をリーク

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

昨年10月、RedditにFoxconninsiderを名乗る人物が現れ、AppleがSonderと協力してE-Ink(電子ペーパー)ディスプレイを搭載した新型「Magic Keyboard」を開発していると報告していることをお伝えしましたが、9to5Macによると、再びRedditにこの人物が現れました。

今回Redditに登場したFoxconninsiderを名乗る人物は、今年9月のスペシャルイベントで発表されることが予想されている「iPhone 8」や来週月曜に開催される「WWDC 2017」での発表が予想されている「Siriスピーカー」、さらに新型「iMac」や「MacBook」に加え、Appleが開発中の「AR(拡張現実)スマートグラス」の情報を公開しています。

スポンサーリンク

これから発売される数々のApple製品に関する新情報がリーク

昨年、E-Ink(電子ペーパー)ディスプレイを搭載した新型「Magic Keyboard」の情報を公開した際には中国の清華大学で働く人物として紹介されていたFoxconninsiderですが、今回はFoxconnの内部関係者として扱われています。

この人物は今回かなり大量のリーク情報を公開。以下が今回リークされた情報を製品別にまとめたものになります。

iPhone 8

Foxconninsiderを名乗る人物は、今年1月頃にEVT(エンジニアリング検証テスト)段階の「iPhone 8」を見たそうで、Touch IDは本体背面には搭載されておらず、デザインは「iPhone 7」に似ているもののベゼル部分はより薄くなっていて、ガラスが占める割合が多くなっているとのこと。

また、以前公開された以下の「iPhone 8」のダミーユニットに似ているそうで、ディスプレイ内に埋め込まれたTouch IDもテストされていたものの、その精度は決して良くはなかったそうです。

Siriスピーカー

来週の月曜日、現地時間6月5日(日本時間6月6日)から開催される「WWDC 2017」での発表が噂されている「Siriスピーカー」については、デザインが「Mac Pro」を小さくしたような感じになると報告。

以前はカメラやディスプレイなどを搭載した複数のモデルがテストされていたそうですが、最終的なデザインにカメラやディスプレイは含まれていないとのこと。

先日の情報では、ライバルとなる「Amazon Echo」や「Google Home」との差別化を図るためにサラウンドサウンドを少ないスピーカーで擬似的に再現するバーチャルサラウンドシステムが搭載されると報じられていましたが、カメラとディスプレイが搭載されないとなると完全なスピーカータイプのスマートホームデバイスとなるのでしょうか。

iMac

Foxconninsiderは2017年内にアップデートをリリースすることが発表されている「iMac」についても言及。

新型「iMac」は「Xeon E3」プロセッサを搭載して2017年10月後半に発売される可能性が高く、2017年5月から製造が開始されるとみられていますが、2017年のアップデートでは内部アップデートのみに留まり、デザインのアップデートは行われないとのこと。

デザインの変更を含む「iMac」の大幅なアップデートは2018年に実施されるそうで、2018年に発表される新型「iMac」はダークブラックの仕上げや、より多くのガラスが使用されることが特徴となり、背面のAppleロゴも再び光るようになるそうです。

MacBook

「MacBook」も2017年内にアップデートがリリースされるそうですが、今年の新型「MacBook」は内部アップデートのみ。また、以前にも噂のあったように「MacBook」にもE-Inkキーボードが搭載されるそうで、Touch IDも引き続き採用されるとのこと。

ただ、将来的にはデザイン面を含むさらに大きなアップデートも予定されているそうです。

ARスマートグラス

また、以前からAppleが開発していると噂されていた「ARスマートグラス」も製品テストの初期段階なものの実際に存在しているそうで、セルロースアセテートのフレーム、骨伝導モジュール、複数のマイク、内部バッテリーなどが特徴となるとのこと。

さらに、ユーザーの情報を視覚的に表示するためにプリズムも搭載され、光学系の部品に関してはドイツの企業が提供することになるとみられています。

また、頷いたり、揺れたりなどのユーザーの頭の動きを認識するために加速度センサーも搭載。現在はまだテストの初期段階のため、実際に発表されるのは2019年になるそうですが、テストが上手く進まない場合は製品化がキャンセルされる可能性もあるとも報告しています。

なお、今回の情報をどこまで信頼して良いものかは不明ですが、中々面白い情報が出てきたのではないでしょうか。特に「ARスマートグラス」に関する情報はこれまであまり出てきていなかっただけに実際の製品化が楽しみになるような情報ですね。

個人的には2018年に発表されるという新型「iMac」のダークブラック仕上げや、新型「MacBook」に搭載されるE-Inkキーボードも気になるところですが、皆さんはどれが一番気になるのでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク