Apple、デジタル眼鏡型端末事業への進出を検討か!?

スポンサーリンク

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

Bloombergが、事情に詳しい複数の関係者によると、Appleは、AR技術を応用したスマートグラスなどのデジタル眼鏡型端末事業への進出を検討しているようだと報じています。

スポンサーリンク

既に少量のディスプレイを試験発注

部外秘のプロジェクトであることを理由に匿名で語った関係者によると、まだ検討段階ではあるものの、Appleの眼鏡型端末は「iPhone」にワイヤレスでつながり、着用者の視界にイメージやその他の情報を映し出すそうで、拡張現実(AR)を活用する可能性もあるとのこと。

また、既にAppleは眼鏡型端末プロジェクトに関してサプライヤー候補と話し合っており、サプライヤー1社に少量の眼前ディスプレーを試験的に発注したそうです。

なお、早期量産化を示唆するほど部品は注文していないとのことで、Appleが最終的に眼鏡型端末の製品化を進める場合、投入は早くて2018年になるとしています。

Appleは、こうしたプロジェクトを公表することなく転換、中断もしくは中止することが多く、実際に製品化されるかは怪しいものですが、もしも製品化されれば視界に情報が映し出される映画の中で見たような世界を体験出来るかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク