【Apple】2016年にも「Apple Music」が最大96kHz/24bitのHi-Res Audioに対応か!?【噂話】

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

Macお宝鑑定団Blogが、ポタフェス2015に出展するApple関連に詳しい複数の関係者の話によると、Appleは、2016年にHi-Res Audio仕様に準拠した、最大96kHz/24bitのHi-Res Audioストリーミングを開発しているようだと報じています。

スポンサーリンク

「Apple Music」がHi-Res Audioに対応か

「iOS 9」がインストールされたLightning搭載端末は、最大192kHz/24Bit出力に対応出来るようになっていますが、Apple Musicのダウンロード楽曲のサンプリング周波数がどこまでの仕様になるのかは不明とのこと。

また、多くの高級オーディオメーカーが、2016年にLightning対応オーディオケーブルを追加する計画のようで、Apple MusicのHi-Res Audio対応に向けて、オーディオメーカーも準備を進めているようです。

以前「iPhone 7」では、ヘッドフォン端子が廃止されるのではないかということをお伝えしましたが、各オーディオメーカーがLightning対応オーディオケーブルを追加する動きを見せていることから、少しずつですがヘッドフォン端子が廃止されることが現実味を帯びてきています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク