Apple、先日送信した「iCloud」の定期契約に関する誤送信をユーザーに謝罪

スポンサーリンク

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

Appleは、日本時間4月20日に「iCloud」で有料ストレージプランを利用している一部のユーザーに対して「サブスクリプション契約(定期契約)を中止した」という内容のメールを送信していましたが、本日、Appleがメールは誤送信だったことを認め、ユーザーに対して謝罪メールを送ったことが明らかになりました。

スポンサーリンク

メールは誤送信で実際の契約内容には影響なし

AppleInsiderによると、Appleの「サブスクリプション契約(定期契約)を中止した」という内容のメールは主に50GBプランのストレージプランを契約しているユーザーに対して送られていたようですが、このメールは誤送信で実際には契約内容に影響はないようです。

また、Appleは同メールを受け取ったユーザーに対し「iCloudストレージプランの更新」といったタイトルの謝罪メールを送信していて、このメールには先日の「サブスクリプション契約(定期契約)を中止した」という内容のメールは誤送信で、実際は契約内容には影響がなく今後も自動的に更新されるといった内容が書かれています。

なお、今回の問題に関して何か質問がある場合は問い合わせて欲しいとも案内されていますが、同問題が発生した原因などについては明かされていません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク