Apple、「iOS 10.3」で追加された「AirPods」を探す機能のサポートページ「AirPods をなくした場合」を公開!

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

Appleが、本日リリースされた「iOS 10.3」で追加された「iPhoneを探す」アプリを使って「AirPods」を探す機能のサポートページ「AirPods をなくした場合」を公開しています。

SPONSORED LINK

「iPhoneを探す」で「AirPods」を見つける方法

公開されたサポートページ「AirPods をなくした場合」では、本日リリースされた「iOS 10.3」で「iPhoneを探す」アプリに追加された「AirPods」を探す機能の使い方が解説されています。

なお、「iOS 10.3」にアップデートしたiOSデバイスで「iPhoneを探す」アプリを使って「AirPods」を探す方法は、地図上で確認する方法と、音を鳴らして確認する方法の2つがあります。

地図上で確認する方法

「iPhone を探す」では、同じApple IDでサインインしているApple製デバイスと、AirPodsの所在地を表示することができ、接続されていない場合は、最後にオンラインだった時刻と場所が表示され、各デバイスの横に表示される色付きの丸印が、そのデバイスの状態を知らせてくれます。

・青い丸印が表示されるデバイスは、なくなった AirPods の捜索に現在使用中です。
・緑の丸印が表示される場合、AirPods はオンラインです。つまり、音を鳴らしたり、そこまでの道順を表示して見つけたりすることができます。
・灰色の丸印が表示される場合、AirPods は電源が切れているか、バッテリー切れか、ケースに入っているか、または、通信範囲の外にあります。場合によっては、最後に確認された位置が表示されます。

なお、「AirPods」が左右別々になっている場合は、片方のイヤーピースのみが地図上に表示されるので、地図に表示されているほうの「AirPods」を探して充電ケースに収納し、地図の表示を更新してから、もう片方のイヤーピースを探す必要があります。

音を鳴らして確認する方法

「AirPods」がiOSデバイスの近くにあって、Bluetoothに接続されている場合には、音を鳴らして探し出すことが出来ます。
「AirPods」を探し出すための音は、両方のイヤーピースから出るので、片方でも耳に装着している場合は、音を鳴らす前に音量の警告が表示されますが、片方のイヤーピースのみ音を鳴らすことも出来ます。

AirPods をなくした場合 – Apple

iPhoneを探す iPhoneを探す 4.0
価格: 無料 (記事執筆時)


この記事が気に入ったら
いいね!しよう


PAGE TOP