iPhone ガジェット

Apple、将来的に「iPhone」に折り畳むことが可能な「フレキシブル・ディスプレイ・デバイス」を採用か!?


どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

AppleInsiderによると、Appleが2014年7月に折りたたみが可能な「フレキシブル・ディスプレイ・デバイス」の特許を申請し、現地時間11月22日に米国特許商標庁(USPTO)から認可されたことが明らかになりました。

SPONSORED LINK

将来的には折りたためる「iPhone」が登場か



apple-iphone-11-23_01
この技術が将来的に「iPhone」に搭載されるかどうかのポイントは、柔軟なフレキシブルOLEDディスプレイと、ニチノール合金という、弾力性があり形状を記憶する特徴があるニッケルとチタンの合金製の部品とのこと。

また、特許申請書類に図解されている内容によると、2つに分割されたボディをつなぐのは、回転動作に対応したヒンジ機構で、内側にも外側にも曲げることができ、ディスプレイを内側にして折りたたむと、クラムシェル型ガラケーのように持ち運びに便利な形状となり、ディスプレイを外側にして折りたたむと、操作がしやすくなるうえ、ボディに滑り止めがついていて衣類に挟んで持ち運ぶこともできるそうです。

apple-iphone-11-23_02
さらに、2つ折りだけではなく、3つ折りにも出来るそうで、OLEDディスプレイ部分に過剰な負担がかからないよう、ヒンジの動作によりディスプレイに適度なテンションを与える事が出来るとのことです。

なお、来年は「iPhone」の発売10周年を迎えることから、フレキシブルOLEDディスプレイを搭載するなど、大幅にアップデートされるとみられていますが、Appleがいきなり今の「iPhone」のデザインを捨てるということは考えにくく、この「フレキシブル・ディスプレイ・デバイス」が採用されるとすれば、まずは「MacBook」シリーズや「iPad」シリーズからになるのではないかとしています。

【関連記事】
有機ELディスプレイを搭載する次期「iPhone」は5.5インチモデルではなく5.2インチモデルに!?
次期「iPhone」への有機ELディスプレイの搭載は供給に問題が!?
「iPhone 8」シリーズは3モデル構成になり、5.5インチモデルには有機ELディスプレイ搭載モデルがラインナップ!?
次期「iPhone」はベゼルレスの5インチと5.8インチディスプレイを採用か!?
Apple、次期「iPhone」に向けて有機ELディスプレイをSamsungなどに発注か!?
次期「iPhone」への搭載に向けてFoxconnがワイヤレス充電モジュールを開発中!?
次期「iPhone」は全面ガラス製になるだけではなくVRにも対応!?
「iPhone 8」では前面も背面もガラス製になりステンレス製のプレミアムモデルもラインナップされる!?
「iPhone 8」では新たに5インチモデルが追加され3モデル構成になる!?
2017年の「iPhone」は「iPhone 7s」ではなく有機ELディスプレイやワイヤレス充電が特徴の「iPhone 8」になる!?
2017年の「iPhone」ではディスプレイ内に環境光センサーが埋め込まれる!?
2017年の「iPhone」ではLightning端子が廃止されワイヤレス充電が実現か!?
2017年の次期「iPhone」の有機EL供給に向けAppleとシャープが交渉中!?
2017年の「iPhone」には曲面有機ELディスプレイを採用したプレミアムモデルが登場!?

[via iPhone Mania]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

SPONSORED LINK(PC)

SPONSORED LINK

楽天ウィジェット(PC)

-iPhone, ガジェット
-,