Apple、次期「iPhone」にステンレス鍛造成形技術を使用したステンレス製フレームを採用か!?

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

DIGITIMESが、Appleは、次期「iPhone」に従来のCNCマシニング(コンピューターの数値制御)加工ではなく、ステンレス鍛造成形技術を使用したステンレス製の新しいシャーシフレームを採用するようだと報じています。

スポンサーリンク

アルミ製から2枚の強化ガラス製に

次期「iPhone」では、従来のアルミ製バックカバーではなく、2枚の強化ガラスの間にステンレス製の中間フレームを挟んだ新しいデザインが採用されるようで、ステンレス製のベゼルはステンレス鍛造成形技術によって製造されるとのこと。

また、Appleは「iPhone 4」でステンレス製の中間フレームを採用し、中間フレームはFoxconnとJabilが供給していましたが、次期「iPhone」向けのステンレスフレームもFoxconnとJabilが供給するとみられています。

なお、ステンレス鍛造成形技術を用いた製造では、従来のCNCマシニング加工よりも30〜50%コストが安く、品質管理もより安定しているそうです。

さらに、次期「iPhone」の製造には、現在のFoxconnとPegatron Technologyに加えて、Wistronが新たに加わるともしています。

【関連記事】
次期「iPhone」シリーズの有機ELパネルはSamsung Displayが独占的に供給か!?
2017年に発売される次期「iPhone」では新たに5インチモデルが登場か!?
次期「iPhone」は3モデル体制でプレミアムモデルのコードネームは「Ferrari」か!?
「iPhone 8」の有機ELディスプレイモデルは全てに曲面ディスプレイが採用!? – 新たなタッチ技術も搭載か
次期「iPhone」シリーズの4.7インチモデルはワイヤレス充電とガラス製筐体が特徴に!?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク