Apple、非正規の業者でディスプレイの修理を受けた場合も保証の対象に! – ただしディスプレイの修理は対象外に

スポンサーリンク

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

これまでAppleでは、非正規の修理業者で「iPhone」のディスプレイを修理した場合は、保証期間内であっても保証対象外になってしまっていましたが、MacRumorsによると、今後は、非正規の業者でディスプレイの修理を受けた場合でも保証の対象になることが明らかになりました。

スポンサーリンク

ただしディスプレイ以外の修理に限る

これは、Appleが2月24日に社内向けに配布したメモや、複数の情報筋から確認したもので、既に社内向けに通達されていることから確かな情報であることは間違いないそうです。

今後は、Apple正規サービスプロバイダ以外でディスプレイを修理した場合でも、保証期間中は保証の対象となり、Apple StoreやAppleの正規サービスプロバイダで修理を受けることができますが、非正規の修理業者で修理を受けたディスプレイの修理は保証の対象外になるという点には注意が必要です。

なお、この変更は既にアメリカとカナダで適用されることが確認されており、日本でも適用されるかは未確認ですが、恐らく日本を含む他の国々でも適用されるものと思われます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク