「iPhone 8」は5.8インチの有機ELディスプレイと3GBのRAMを搭載し64GBと256GBのストレージをラインナップ!?

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

9to5Macが、市場調査会社TrendForceのレポートによると、次期「iPhone」シリーズのハイエンドモデルとなる「iPhone 8」には、5.8インチの有機ELディスプレイと、3GBのRAMが搭載され、64GBと256GBのストレージ容量がランナップされるようだと報じています。

SPONSORED LINK

5.8インチ、3GBRAM、64GBと256GBのストレージ

この次期「iPhone」のハイエンドモデルは、ディスプレイサイズは5.8インチなものの、ベゼルレスデザインになり、ホームボタンが廃止されてディスプレイのためのスペースが確保されることで、端末のサイズは「iPhone 7」の4.7インチに近いサイズになる可能性があり、アスペクト比が2Kの最初のモデルになるとみられています。

以前から噂されている曲面ディスプレイについては、生産歩留まりの問題や、落下テストの結果に問題があることから採用は見送られ、ラウンドエッジ加工が施された2.5Dガラスが採用されるとのこと。

また、RAMは「iPhone 7 Plus」と同じ3GBになり、64GBと256GBのストレージがラインナップされ、顔認識や拡張現実(AR)アプリに対応するために3Dセンシング技術が搭載されるとも予想されています。

なお、ハイエンドモデルとなる「iPhone 8」は1,000ドル以上の価格になる可能性があるともみられており、その他に4.7インチと5.5インチモデルもラインナップされるそうですが、現行モデルと同じく液晶ディスプレイが採用され、RAMも4.7インチモデルが2GB、5.5インチモデルが3GBと現行モデルから変更はなく、ストレージ容量は最大256GBになるとのこと。

今回の情報が正しければ、価格は気になるところですが「iPhone 7」の4.7インチに近いサイズながら、5.8インチの有機ELディスプレイが搭載されるハイエンドモデルが一番人気のモデルとなるのではないでしょうか。

個人的にも4.7インチのサイズ感で5.8インチの有機ELディスプレイが搭載されるのであれば、少々価格が高くても購入意欲は湧きますね。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク