Mac

Apple、低電力モード機能の一部を処理するためにARMベースのMac向けチップ「T310」を開発中!?


どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

Bloombergが、問題に精通している人物によると、Appleは、Intel製のプロセッサと同時に動作し、低電力モード機能の一部を処理するためのARMベースのMac向けチップ「T310」を開発しているようだと報じています。

SPONSORED LINK

コードネーム「T310」を2016年から開発中



このARMベースのMac向け新型チップは、コードネーム「T310」と呼ばれていて、「MacBook Pro (Late 2016)」のTouch Barに電力を供給する「T1」チップと似ており、Intel製のプロセッサと同時に動作することで、Macの低電力モード「PowerNap」機能の一部を処理するために使われるとみられています。

また、この新型チップは、2017年後半に発売されるとみられている次期「MacBook Pro」に搭載される可能性があるとのことで、次期「Mac」シリーズでは、さらにバッテリーの連続駆動時間が伸びるかもしれません。

なお、Appleは高速化した12インチの「MacBook」や、USB-Cを搭載した次期「iMac」も開発しているとも報じられており、早ければ2017年中にも発表されるとみられています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

SPONSORED LINK(PC)

SPONSORED LINK

楽天ウィジェット(PC)

-Mac
-