Apple

Apple、MagSafeをUSB-Cに変換するアダプターの特許を申請 - MagSafeアダプターがAppleから登場か


どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

12インチ「MacBook」や「MacBook Pro (2016)」では、充電ポートのMagSafeが廃止され、USB-Cで充電する形式に変更されましたが、もしかすると近々MagSafeが復活する日が来るかもしれません。

Mashableによると、Appleが、MagSafeをUSB-Cに変換するアダプターの特許を申請していたことが明らかになりました。

SPONSORED LINK

ユーザー待望のMagSafe復活は間近か



MagSafeは過去の「MacBook」シリーズに採用されていた磁力を利用して充電ケーブルとMac本体をくっつけるコネクタで、水平に引っ張ることで簡単に外せるのに、ケーブルに足を引っ掛けてしまった場合などには外れることのない特殊技術で、ユーザーから賞賛を浴びていました。

12インチ「MacBook」や「MacBook Pro (2016)」でMagSafeが廃止され、充電ポートがUSB-Cに変更されるとわかった際にはユーザーから落胆の声が多く上がりましたが、もしかするとMagSafeがApple純正のUSB-Cアクセサリとして近いうちに復活するかもしれません。


今回Appleが申請した特許はMagSafeにアダプターを噛ませることでUSB-Cに変換するというもので、特許申請時の上記の画像を見る限りではこれまでのMagSafeケーブルを再利用することが出来る可能性もあります。

なお、同じコンセプトの製品が既にクラウドファンディングサイトのKickstarterで登場していますが、Apple純正アクセサリとして販売されるとなれば嬉しいユーザーも多いと思われ、個人的にもUSB-CよりもMagSafeの方が扱いやすくて好きだったのでAppleには是非このアダプターを製品化してほしいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

SPONSORED LINK(PC)

SPONSORED LINK

楽天ウィジェット(PC)

-Apple
-, ,