Apple、来年には製品のディスプレイに「micro LED」を採用か!? – 自社開発中との噂も

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

予てより2017年に発売される次期「iPhone」シリーズには有機ELディスプレイが搭載されると噂されていますが、Appleは既にその先までも見据えており、来年にも「micro LED」を使ったディスプレイを製品に搭載する可能性があることが明らかになりました。

SPONSORED LINK

次世代ディスプレイ「micro LED」とは

「micro LED」ディスプレイは、従来のディスプレイとは違いバックライトを必要とせず、より小型のLEDを採用する事から、高解像度を実現でき、さらに色域の改善、薄型化、省電力化することが可能なディスプレイで、韓国メディアBusiness Koreaによると、2018年にも製品に搭載される可能性があるとのこと。

Appleは台湾の桃園市で今年末から「micro LED」ディスプレイの量産を開始するとみられていて、もしも本当に「micro LED」ディスプレイが量産され、次世代「Apple Watch」のディスプレイが「OLED」から「micro LED」に置き換えられれば「Apple Watch」向けのOLEDを独占提供しているLGは約2,300億ウォン(約220億円)規模の収益を失うことになります。

また、iPhoneにも「micro LED」ディスプレイが搭載されることになれば、iPhone向けの有機ELパネルを7,000万枚受注しているSamsungなどは1兆2,000億ウォン(約1,150億円)規模の収益を失うことになるとも報じられています。

ここ最近では、AppleがiPhoneやiPad向けに独自のグラフィックチップや、iPhone向けの省電力チップを自社開発しているとも報じられていて、将来的には製品に搭載する全てのパーツを自社で生産することを計画しているとみられます。

なお、Appleは2014年に「micro LED」を開発していたLuxVue社を買収しており、2015年には台湾のディスプレイ研究施設で「micro LED」ディスプレイを開発していると報じられていました。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク