【Apple】一部のApple Storeで「iPhone 6/6s」シリーズ向けに新たな修理プログラムを導入へ【混雑緩和】

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

9to5Macによると、Appleはアメリカ、ヨーロッパ、日本の一部のApple Storeで、「iPhone 6s」シリーズ、「iPhone 6」シリーズ向けに新たな修理プログラムを導入する予定であることが明らかになりました。

スポンサーリンク

修理センターへ送られる場合も

新しい修理プログラムの導入はGenius Barの混雑を緩和することが目的のようで、iPhoneが下記のような修理に時間がかかる状態の場合は修理センターへ送られ、修理完了までに3〜5営業日かかるそうです。

・iPhoneがiTunesに接続出来ない場合
・iPhoneの電源が入らない場合
・iPhoneが起動時のAppleロゴから進まない場合

なお、修理センターに送られるかどうかはシステムによって自動で判断され、修理センターに送らなければいけない場合は、代替機として「iPhone 6」の16GBモデルが貸し出されるそうです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク