Apple、やはりオリジナル動画の配信を計画か!? – Apple幹部のJimmy Iovine氏が示唆

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

The Hollywood REPOTERによると、Apple幹部のJimmy Iovine氏が、先日WSJが報じたAppleがテレビ番組や映画などのオリジナル動画の配信を計画しているという報道について、それを示唆する発言をしたことが明らかになりました。

スポンサーリンク

Jimmy Iovine氏は、テレビ批評家協会の冬のプレスツアーで記者団に対し「Apple Musicで私たちが作り出そうとしているのは、全ての文化、ポップカルチャーの体験であり、そこに音楽と映像がたまたま含まれているだけだ。」コメントしたそうです。

また、The Hollywood REPOTERは、Dr. Dreが主演の「Vital Signs」がAppleのオリジナル映像コンテンツの最初の作品になるかもしれないとも報じており、番組の制作にはAppleから資金が提供されているともしています。

さらに、Jimmy Iovine氏は「Appleの希望は、SpotifyやPandoraのような大部分が無料のストリーミングサービスとの競争をより良くすることだ。」と語っており、競合企業のSpotifyやPandoraなどのユーザーのほとんどが無料ユーザーであることについて「私たちは無料と戦っている。」ともコメントしています。

なお、Appleがこのようなオリジナル映像作品の制作を計画しているのにはサービス全体が有料という背景があり、無料サービスも展開している競合企業のSpotifyやPandoraなどと同じコンテンツを配信しているだけでは競争に打ち勝つことが出来ず、競争に勝つためにはより魅力的で、他にはないコンテンツが必要だという考えがあるようで、HBOの「Westworld」やNetflixの「Stranger Things」に匹敵する人気番組の制作を計画しているとの噂もあります。


[via MacRumors]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク