【Apple】「OS X El Capitan 10.11.6」と「OS X Server 5.1.7」が正式にリリース!【アップデート】

スポンサーリンク

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

Appleが、「OS X El Capitan 10.11.6」と「OS X Server 5.1.7」を正式にリリースしています。

スポンサーリンク

アップデート内容

「OS X El Capitan 10.11.6」では、Macの安定性、互換性、およびセキュリティが改善されています。

また、「OS X Server 5.1.7」のアップデート内容は下記の通りとなっています。

スポンサーリンク

OS X Server 5.1.7

プロファイルマネージャ
・他社製SSL証明書で構成されたServerインスタレーションで、DEPを使ってMDM登録できなかった問題を解決しました

OS X Server 5.1.5には、以下の新機能と改善が含まれます:

プロファイルマネージャ
・共有iPadでパスコードが要求されるまでの猶予期間を構成
・iOS 9.3で導入されたTrue Tone設定アシスタントパネルの省略をサポート
・新しいコマンド(共有iPadのみ):診断レポート送信とApp解析の有効/無効を切り替え
・新しい機能制限(監視対象のみ):診断レポート送信の設定変更を許可

OS X Server 5.1には、以下の新機能と改善が含まれます:

・OS X Server 5.1にはOS X El Capitan 10.11.4以降が必要
・TLS 1.2をサポート
・iOS 9.3の教育機関向け新機能をサポート

プロファイルマネージャ
・共有iPadをサポート
・iOS “クラスルーム” Appをサポート
・新しいペイロード(監視対象のみ):通知、ロック画面のメッセージ
・新しい制限(監視対象のみ):Apple Musicの許可、Radioの許可、通知設定の変更許可、ホーム画面に表示するApp
・新しい制限:iCloudフォトライブラリの許可
・OS Xのメジャーアップデートのインストールをサポート
・L2TP/IPsec VPNプロファイルに2048ビット以上の強度のDiffie-Hellmanグループが必要

キャッシュサーバ
・共有iPadのユーザデータのキャッシュをサポート
・iCloudデータキャッシュのパフォーマンスを最適化

価格: 無料 (記事執筆時)
カテゴリ: ユーティリティ
App Storeでダウンロードする。
価格: ¥2,400 (記事執筆時)
カテゴリ: ユーティリティ
App Storeでダウンロードする。




この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク