Apple、GoogleやFacebookなどが設立したAI研究のパートナーシップ「Partnership on AI」に参加へ!

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

Bloombergが、問題に精通している人物の話によると、Google・Microsoft・Facebook・Amazon・IBMの5社が昨年設立したAI研究におけるパートナーシップ「Partnership on AI」にAppleも参加するようだと報じています。

スポンサーリンク

Appleは早ければ今週中にも参加表明を発表か

この「Partnership on AI」が設立されたのは、昨年9月のことですが、メンバーに入ると予想されていたApple、Twitter、Intel、Baiduが参加しておらず、今後追加メンバーとして参加することが予想されていました。

Appleは、2011年に独自の音声アシスタント機能「Siri」を導入したことで、早い段階でAI業界に参入していますが、Appleの秘密主義の傾向から最高の人材を雇うが難しく、結果としてGoogleやAmazonなどに遅れを取っています。

Appleの厳格な秘密主義は予てから有名ですが、今回の”オープンライセンスのもとに研究を公開する”ことを目標としている「Partnership on AI」に参加するということは、Appleが秘密主義から脱却し、少しずつではあるもののオープンになってきている兆しだと思われます。

なお、今回の件に関してAppleと「Partnership on AI」の代表者はコメントを控えているそうですが、Appleは早ければ今週中にも参加表明を発表するとみられています。

Partnership on AI

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク