Apple、CEOであるTim Cook氏が「プロ用エリアは私達にとって非常に重要である。」とコメント! – 「Mac Pro」などのアップデートは?

スポンサーリンク

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

先程の記事で、AppleのCEOであるTim Cook氏が、現地時間2月28日に開催された定時株主総会で、米国内での生産や部品調達を拡大する可能性を示唆したことをお伝えしましたが、MacRumorsによると、この定時株主総会で同氏は「プロ用エリアは私達にとって非常に重要である。」とコメントしたことが明らかになりました。

スポンサーリンク

クリエイティブ領域はAppleにとって非常に重要

Tim Cook氏は「プロ用エリアは私達にとって非常に重要である。」とした上で「クリエイティブ領域はAppleにとって非常に重要。」とコメントしており、具体的に「Mac Pro」や「iMac」のアップデートについて触れられたわけではないのですが、将来的にこれらの製品がアップデートされる可能性があるとみられています。

また、今回の定例株主総会では「MacとiPadを融合したようなタブレットとラップトップの中間のような製品については考えていないのか。」という質問があり、それに対しTim Cook氏は「今後の製品についてはコメントを避けたい」と述べた上で、MacとiPadは使う目的が違うので「これらを統合することになれば、片方のシンプルさ、もう片方のパワーを失うことになる。」とコメントしています。

さらに、未だに品薄状態が続いている「AirPods」については「文化的現象」だとし、なるべく早く生産するようにしていると語ったとのことです。

なお、「Mac Pro」が最後にアップデートされたのは1,100日以上前の2013年12月で、「iMac」が最後にアップデートされたのは500日以上前の2015年10月、「Mac mini」が最後にアップデートされたのは860日以上前の2014年10月となっています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク