Apple、世界エイズデーに合わせて10年目となる「(PRODUCT)RED」キャンペーンを実施へ – 新たな「(PRODUCT)RED」製品も発売

スポンサーリンク

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

Appleが、12月1日の世界エイズデーに合わせて、10年目となる「(PRODUCT)RED」キャンペーンを実施することを発表しています。

スポンサーリンク

新たな「(PRODUCT)RED」製品も発売

2-smart-battery-case

今年は、Appleがエイズ撲滅を目指す(RED)の支援を始めて10年目の年となるそうで、12月1日の世界エイズデーに合わせて「(PRODUCT)RED」製品に下記の4製品が追加されます。

iPhone 7 Smart Battery Case
iPhone SEレザーケース
Beats Solo3 Wirelessオンイヤーヘッドフォン
Beats Pill+ ポータブルスピーカー

「(PRODUCT)RED」製品は売上の一部が「世界エイズ・結核・マラリア対策基金」に寄付されるようになっており、これまでに3億2,000万ドル以上、Apple単独でも1億ドル以上の資金が寄付されています。

また、App Storeでは「Angry Birds 2」「Candy Crush Jelly Saga」「Clash of Clans」「Plants vs. Zombies Heroes」「SimCity BuildIt」など、20種類のアプリのアプリ内購入に「(PRODUCT)RED」コンテンツが追加され、アプリ内購入の収益のすべてがGlobal Fundに寄付されるとのことです。

6-app-store

さらに、日本の銀座、表参道、心斎橋、名古屋栄、福岡天神を含む、世界中のApple Storeの400店舗でAppleのロゴを赤くすることや、12月1日〜12月6日までの期間中の、Apple StoreでのApple Payの支払いや、Apple.comやApple Storeアプリを介しての購入1つにつき1ドルを、合計が100万ドルになるまで寄付し続けることも発表されています。

Apple turns (RED) with more ways than ever to join the fight against AIDS
(PRODUCT)RED – Apple

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク