Apple、一部の「MacBook」シリーズでRetinaディスプレイのコーティングが剥がれる問題の修理プログラムを拡大!

スポンサーリンク

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

MacRumorsによると、Appleが、一部の「MacBook」シリーズで発生している、Retinaディスプレイの反射防止コーティングが剥がれる問題の修理プログラムの対象期間を拡大していることが明らかになりました。

スポンサーリンク

公式には発表されないリペアプログラム

この修理プログラムは「iPhone 6s」のバッテリー交換プログラムのように公式には発表されておらず、対象はRetinaディスプレイを搭載した「MacBook Pro」と12インチ「MacBook」で、今までは最初の購入日から3年以内、または2015年10月16日から1年以内の問題がある「MacBook」及び「MacBook Pro」のRetinaディスプレイを無償で交換するという内容でした。

しかし、今回の拡大により、対象期間が最初の購入日から3年以内、または2012年6月から2017年10月16日までのいずれか期間の長い方に延長されているそうです。

なお、Appleは今後も正式に同プログラムを発表する予定はないようなので、対象Macのディスプレイのコーティングが剥がれてきたユーザーは、AppleサポートやGenius Barなどに問い合わせてみることをオススメします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク