Apple iPhone

Apple、Samsungに次期「iPhone」向けの有機ELパネルを7,000万枚発注か!?


どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

Appleは、次期「iPhone」シリーズに有機ELディスプレイを採用するとみられていますが、NIKKEI ASIAN REVIEWは、iPhoneの設計に精通したサプライチェーンの話によると、AppleがSamsungに対し、次期「iPhone」向けの有機ELパネル7,000万枚を発注したと報じています。


SPONSORED LINK

やはり次期「iPhone」にはOLEDディスプレイを採用か



今回の情報はIHS MarkitのシニアディレクターDavid Hsieh氏の情報とも一致しているようで、同氏は「AppleはSamsungに対し7,000万枚の有機ELパネルを発注した。需要が期待を上回った場合、Samsungは2017年に9500万台の有機ELパネルを生産する準備を進めている。」と語っています。


ただし、この7,000万枚の有機ELパネルは全てが2017年中に出荷されるわけではなく、需要次第では2018年に持ち越される可能性もあるとのことですが、Appleが2017年に発売する次期「iPhone」シリーズのプレミアムモデルに搭載される有機ELディスプレイはSamsungが独占供給するとのこと。

また、Appleが2017年に発表する「iPhone」シリーズは4.7インチ、5.5インチ、5.2インチの3モデルで、プレミアムモデルには湾曲した有機ELディスプレイが搭載され、ホームボタンの廃止や顔認証のための3Dセンサーも採用されるようだと報じられています。

さらに、次期「iPhone」シリーズでは3つのモデル全てにワイヤレス充電機能が搭載されるそうですが、サプライヤーはまだ過熱問題の解決に取り組んでいるそうで、その他にも防水機能も採用されるそうです。

なお、以前の情報では次期「iPhone」シリーズはまだプロトタイプが開発中と報じられていましたが、どんどん開発が進んできていると思われるので、これからますます各メディアのリーク合戦が加速しそうですね。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

SPONSORED LINK(PC)

SPONSORED LINK

楽天ウィジェット(PC)

-Apple, iPhone
-,