【Apple】2017年の次期「iPhone」の有機EL供給に向けAppleとシャープが交渉中!?【噂話】

スポンサーリンク

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

Bloombergが、関係者によると、シャープは、スマートフォンの次世代ディスプレイとして期待される有機ELの供給へ向け、Appleと協議しているようだと報じています。

Appleは複数メーカーからの調達を目指しており、実際に納入できるかは商品の信頼性や品質、供給量などによって決まるとのことで、有機ELの供給をめぐっては、SamsungもAppleと交渉しているそうです。

シャープは、有機ELの試験生産のために約574億円を投資すると発表したそうで、発表によれば試験ラインを設置し、2018年4〜6月の稼働を目指すそうで、本格的な量産に向けたノウハウの蓄積や生産技術の開発を行うと同時に小規模な生産を行い、実際に顧客に製品を出荷するとのこと。

次期「iPhone」の発表までにはまだまだ時間がありますが、既に水面下では色々と動き始めているようです。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク