Apple、Siriベースのスマートスピーカーを「WWDC 2017」で発表!? – Apple初のスマートホームデバイスは2017年後半に発売か

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

先日の記事で、AppleがAmazon Echoのライバル製品を「WWDC 2017」で発表する可能性があるとお伝えしましたが、9to5Macは、「WWDC 2017」でAppleがSiri搭載スピーカーを発表する可能性は50%以上もあると報じています。

SPONSORED LINK

Siri搭載スピーカーは発表が6月で、発売は今年後半に

これは、KGI SecuritiesのアナリストであるMing-Chi Kuo氏がレポートで報告している情報で、この製品はAppleとしては初のHome AI製品となるそうですが、ブランド名は現時点では不明。

先日の情報と同じく現地時間2017年6月5日〜9日に開催される「WWDC 2017」で発表されるとみられていますが、発売自体は少し先で、具体的な時期はわからないものの今年後半に発売される予定と報じられています。

このSiri搭載スピーカーの大きな特徴には、7つのツイーターと1つサブウーファーを搭載していることが挙げられていて、非常に優れた音質になるものの、ライバル製品となる「Amazon Echo」よりも高価な製品に位置付けられるそうで、製造は「AirPods」を生産しているInventecが請け負うとのことです。

今回のレポートではデザインに関しては言及されていませんが、先日の情報では、下記のようなデザインになると報じられていました。

・Ultimate Earsのワイヤレススピーカー「UE Boom」に似たデザイン。
・側面360度全てがスピーカーになっていることによって音が広がりやすく。
・筒状のスピーカー上部には凹みがあり、端末を操作するコントローラーが配置。
・端末の側面にはメッシュが採用。

なお、本当に「WWDC 2017」でAppleがSiriベースのスマートスピーカーを発表する可能性は50%以上もあるそう。さらに出荷開始から1年で1,000万台を出荷することも予測されています。

先日、Sonny Dickson(@SonnyDickson)氏が、久しぶりにAppleのスマートホームデバイスのリーク情報を公開してから一気にリーク合戦が始まりましたが、本当に「WWDC 2017」で発表となるのでしょうか。

もしも、本当に発表されればApple初のスマートホームデバイスとなるため、どのような機能が搭載されているかに注目が集まりますが、価格が180ドル(約20,000円)の「Amazon Echo」よりも高価な製品に位置付けられるということで、中々手を出しにくい製品になるかもしれません。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう


PAGE TOP