Apple、iPhoneのバッテリーの点検修理に関するサポートページを公開! – 「iOS 10.2.1」ではメッセージが表示

スポンサーリンク

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

先日の記事で、Appleが「iPhone」のバッテリー交換が必要と判断した場合は、今後数日のうちに「iOS 10.2.1」の「設定」アプリのバッテリー情報に、新たにメッセージが表示されるようになることをお伝えしましたが、本日、Appleは、バッテリーの点検修理に関するサポートページ「「iPhone のバッテリーの点検修理が必要になる可能性があります」と表示される場合」を公開しています。

スポンサーリンク

バッテリーが交換時期に来ているかどうかを診断

「iOS 10.2.1」では「iOS」の診断機能により「iPhone」のバッテリーが交換時期に来ているかどうかを診断することが出来るようになっているそうで、交換時期が来ている可能性があると診断された場合は「設定」アプリの「バッテリー」に「iPhone のバッテリーの点検修理が必要になる可能性があります」というお知らせが表示されるとのこと。

これは、安全性にかかわる問題ではなく、場合によっては「iPhone」のバッテリー交換が必要になるかもしれないということが通知されているだけで、バッテリーの点検・検査を受けるまで、そのまま引き続き「iPhone」を使用しても問題ないそうです。

なお、Appleは「バッテリーの駆動時間と耐用年数を最大限に延ばす」というサポートページも公開していますが、バッテリーの性能や寿命には、充電サイクル回数、バッテリーの経年数、極端な高温・低温環境下での使用など、さまざまな要因が影響していますので、同メッセージが表示された場合は、バッテリー交換や、新しい「iPhone」への機種変更を考えてみても良いかもしれません。

「iPhone のバッテリーの点検修理が必要になる可能性があります」と表示される場合 – Apple サポート
バッテリーの駆動時間と耐用年数を最大限に延ばす – Apple

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク