Apple、初代「Apple Watch」のバッテリー膨張問題で保証期間を3年に延長へ

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

数ヶ月前からApple公式サポートフォラムRedditなどで一部のユーザーが報告している初代「Apple Watch」のバッテリー膨張問題を受けて、Appleが「Apple Watch(第1世代)」のバッテリー保証期間を1年から3年に延長することを決めた9to5Macが報じています。

スポンサーリンク

初代「Apple Watch」のバッテリー保証期間を2年間延長

初代「Apple Watch」は2015年4月24日に発売されたモデルですが、「Apple Watch」自体があまりアップデートされていないこともあり、今でも愛用しているユーザーが多いモデルの一つ。

日本ではそれほど話題になっていませんが、海外では一部のユーザーが「Apple Watch(第1世代)」のバッテリーが膨張し、下記の画像のようにディスプレイ自体が浮き上がってしまう問題を報告しています。

初代「Apple Watch」には1年間の保証期間が設けられていますが、Appleは今回のバッテリー膨張問題を受けて保証期間を2年間延長。これにより「Apple Care+ for Apple Watch」に加入していなくても、何か問題が発生した場合は購入から3年以内であれば無償で交換してもらうことが可能になります。

まだAppleからの正式発表はないものの、アメリカのApple StoreやApple正規サービスプロバイダには、Appleから「Apple Watch(第1世代)」の保証期間の変更を通知するメールが送られており、すでに3年間の保証期間を利用することができるとのこと。

なお、保証期間の延長が日本でも実施されるのかや、バッテリーをすでに有償で交換したユーザーに払い戻しが行われるのかなどは現時点では明らかになっていません。

バッテリー膨張問題が発生している場合はディスプレイが浮いてくるので、外観を確認すれば分かるかもしれません。もしもディスプレイに浮いた部分がある場合は、バッテリーが膨張している可能性が高いのでAppleに問い合わせてみるといいかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク