Apple、報道関係者向けに「WWDC 2017」の招待状を送付 – 次期「iOS」などを現地時間6月5日午前10時から発表へ

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

今年2月に現地時間2017年6月5日〜9日にかけて開催されることが発表されていた「WWDC 2017」ですが、9to5Macによると、Appleが報道関係者向けに「WWDC 2017」の招待状を送ったことが分かりました。


スポンサーリンク

現地時間6月5日午前10時から基調講演が開始

今年の「WWDC(Worldwide Developers Conference)」は、サンノゼのAppleクパチーノ本社キャンパス近くにある「McEnery Convention Center」で開催される予定で、毎年、次期「iOS」や、次期「macOS」などが発表されている基調講演は現地時間6月5日午前10時(日本時間6月6日午前2時)から開催されるとのこと。

また、「WWDC 2017」はAppleの開発者向けのサイト、及び「iPhone」「iPad」「Apple TV」向けの「WWDC」アプリで、ライブストリーミングも行われる予定となっています。

なお、今年の「WWDC 2017」では「iOS 11」や次期「macOS」、「watchOS 4」や「tvOS 11」などが発表されるとみられている他、ここ最近よく報じられている情報ではSiriを搭載したスマートスピーカーも「WWDC 2017」で発表されると言われています。

いよいよ開催が間近に迫ってきた「WWDC 2017」。個人的には「iOS 11」や次期「macOS」も楽しみなのですが、やはり噂通りスマートスピーカーが発表されるのかに注目が集まりますね。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク