「MacBook」に「iPad」のようなタッチ操作を導入した「Apple Book」のコンセプト動画が公開!

スポンサーリンク

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

先日発売された新型「MacBook Pro」では、新たに「Touch Bar」が搭載され、より直感的な操作ができるようになりましたが、もしも「MacBook」に「iPad」のようなタッチ操作が導入されたらというコンセプト動画が公開されました。

スポンサーリンク

その名も「Apple Book」

今回コンセプト動画が公開された製品の名前は「Apple Book」で、もしも「MacBook」に「iPad」のようなタッチ操作が導入されたらというコンセプトになっています。

「Apple Book」では、閉じている状態では「iPad」のようにタブレットとして使うことが出来ます。

applebook_01

また、ディスプレイ部をスライドさせることで、キーボードが出てくる仕組みとなっており、この状態ではラップトップとして使うことが出来る他、背面のバーを動かすことで角度も自由に調整することが出来ます。

applebook_02

なお、Appleの最高デザイン責任者であるジョナサン・アイブ氏は、薄さと軽さを追求している「MacBook Pro」の場合、タッチスクリーンにするのは重荷にしかならないとも語っており、Appleは「Mac」にタッチスクリーンを導入しないことを、何年も前に決定していたそうなので、このコンセプトの製品が世に出ることはないと思われます。

個人的にもMicrosoftの「Surface」シリーズに似ており、Appleらしからぬデザインだと思うので、そこまでの魅力は感じないものの、非常に出来の良いコンセプト動画になっているので、是非一度ご覧になってください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク