Apple、他社製アプリからのアクセス時に2ファクタ認証が必須に – 2017年6月15日から実施へ

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

Apple IDには2ファクタ認証が用意されていて、セキュリティのことを考えると設定しておくべきなのですが、意外と2ファクタ認証を知らないユーザーが多数。

しかし、今後「Microsoft Outlook」や「Mozilla Thunderbird」などの他社製アプリや、Apple以外のメール・連絡先・カレンダーのサービスからiCloudデータにアクセスする場合、2ファクタ認証が必ず必要になりますので、まだ設定していない人は早めに設定しておきましょう。

SPONSORED LINK

2017年6月15日以降は「App用パスワード」が必要に

Appleの案内によるとこの変更は2017年6月15日に実施。すでにApple IDを使って他社製アプリやサービスにサインインしている場合は、仕様の変更時に自動的にサインアウトされるとのこと。

サインアウトされた他社製のアプリやサービスに再びApple IDでサインインしたい場合は、Appleの2ファクタ認証の設定をオンにし「App用パスワード」と呼ばれる限定的なパスワードを作成し、サインインし直すことが必要となります。

この「App用パスワード」を作成するには、iPhone、iPad、Macなどから2ファクタ認証の設定を有効化。その後、「Apple IDアカウントページ」にサインインし、「セキュリティ」の「App用パスワード」から「パスワードの作成」をクリックすることでApp用パスワードを生成することができます。

2ファクタ認証は不正ログインなどを防いだり、セキュリティのことを考えると必ず有効化しておきたい設定。できることなら2017年6月15日になる前でも一刻も早く有効化しておいたほうが良いので、乗っ取り被害を防止するためにもこの機会に有効化してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、2ファクタ認証についてもっと詳しく知りたい場合は「App 用パスワードを使う」をチェックしてみてください。

なお、2ファクタ認証を利用するためのシステム要件は、「iOS 9」以降を搭載したiPhone・iPad・iPod touch、「OS X El Capitan」以降および「iTunes 12.3」を搭載したMac、「watchOS 2」以降を搭載したApple Watch、「tvOS」を搭載した「Apple TV (第4世代)」、「iCloud for Windows 5」および「iTunes 12.3.3」以降がインストールされたWindows PCとなっています。

ただし、これらのシステム要件を満たしていない端末の場合、2ファクタ認証を設定してしまうと、App用パスワードを入力してもログインすることができないので注意が必要です。

[via Macお宝鑑定団Blog]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


PAGE TOP