【修繕費など】国内で「Apple Watch」が発火したとしてApple Japanが損害賠償求め提訴される【約156万円】

スポンサーリンク

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

朝日新聞によると、国内で「Apple Watch」が発火し自宅の一室が焼けたとして、愛知県春日井市の40代の男性が、Apple Japanを相手取り、部屋の修繕費など約156万円の損害賠償を求める訴えを名古屋地裁に起こしていたことが明らかになりました。

男性は昨年5月、名古屋市内の同社直営店で「Apple Watch」を購入し、専用充電器で充電していた同年9月14日未明、充電していた部屋から火柱が上がっているのを見つけて消火そうで、けが人はいなかったものの家具や床が焼けたとのこと。

男性側は訴状で「本体内部から激しく燃えており、部屋にほかに火気を生じるものは一切なかった」として、出火元は「Apple Watch」だと主張していますが、AppleJapanは提訴前の昨年10月、原告男性に対し「火災は欠陥によるものではないと判断した」と回答したそうです。

名古屋地裁で5月10日に第1回口頭弁論が開かれたとのことで、今後の裁判の行方が気になるところです。

[via 気になる、記になる…]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク