Apple Musicの月間ユーザー数がSpotifyを上回る4,000万人を突破 – 3ヶ月という無料期間の長さのおかげか

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

Appleが提供している定額制音楽ストリーミングサービス「Apple Music」の2017年2月の月間ユニークユーザー数が4,070万人に達し、Spotifyの3,040万人を上回ったことが明らかになりました。

スポンサーリンク

3ヶ月という無料期間の長さが功を奏した結果か

月間ユニークユーザー数というのは、1ヶ月の間にアクセスしたユーザーの数で、同一ユーザーが複数回アクセスしても”1″とカウントされるため、2017年2月にApple Musicにアクセスしたユーザーは4,000万人以上いるということになります。

モバイルデータ分析会社のVertoの調査によると、定額制音楽ストリーミングサービスにおける月間ユニークユーザー数のトップはApple Musicの4,070万人で、Spotifyの月間ユニークユーザー数3,040万人を約1,000万人も上回っているとのこと。

この調査結果には、無料トライアル期間のユーザーも数に含まれており、Spotifyの1か月の無料期間に対して、Apple Musicの3ヶ月という無料期間の長さが大きく影響しているとみられています。

また、Appleは2016年12月にApple Musicの有料会員数が2,000万人を突破したことを発表していますが、Spotifyも今年3月初めに有料会員が全世界で5,000万人を突破したことを発表しており、有料会員数ではまだまだApple MusicはSpotifyに及ばないものの、3ヶ月のトライアル期間を武器に着実にユーザー数を伸ばしているようです。

なお、2017年2月の月間ユニークユーザー数では1位のApple Musicに続き、2位にPandra Radio、3位にSpotifyがランクインしていて、この調査データはアメリカとイギリスの2万人のユーザーからデータを収集して分析されたデータとなっています。

[via TechCrunch]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク