Apple、新本社キャンパスの正式名称を「Apple Park」と発表! – 1,000人収容できるシアターは「Steve Jobs Theater」

スポンサーリンク

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

Appleが、2017年第2四半期の完成に向け建設中の新本社キャンパスの正式名称が「Apple Park」になることを発表し、同時に1,000人収容できるシアターの名前は「Steve Jobs Theater」になることも発表しています。

スポンサーリンク

スタッフ12,000人が引っ越すまでには6ヶ月

新本社キャンパス「Apple Park」への入居は4月から順次開始されるそうですが、スタッフ12,000人が引っ越すまでには6ヶ月かかるそうで、一部の建物や公園などの緑地部分の工事は夏まで続く予定となっています。

併せて、キャンパス内に建設される1,000人収容できるシアターの名前は「Steve Jobs Theater」になることも発表されています。

また、この「Apple Park」の中には、一般向けにも公開されるApple Storeとカフェが併設されたビジターセンターも建設されるそうで、その他にもスタッフ向けの10万平方フィート(約9,300平方メートル)のフィットネスセンター、研究開発施設、さらに公園内には2マイル(3.2㎞)にも及ぶウォーキング・ランニングロードがあるそうです。

なお、建物の屋上には17メガワットのソーラーパネルが設置されており、使用電力の100%が再生可能エネルギーでまかなわれるとのこと。

この新本社キャンパスは今まで「Apple Campus 2」の仮称で呼ばれていましたが、この度「Apple Park」という正式名称が発表されました。

Apple Park opens to employees in April – Apple

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク