「Apple Store」のiOS向け公式アプリの必要システム要件が「iOS 10」以降に変更!

スポンサーリンク

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

Appleは、iOS向けの「Apple Store」公式アプリの必要システム要件をアップデートし、今後は「iOS 10」以降のOSを搭載している端末でしか起動できない仕組みに変更しています。

スポンサーリンク

今後は「iOS 10」へのアップデートが必須に

iDownloadBlogによると、Appleは、現地時間の3月9日にリリースした「Apple Store」のiOS向け公式アプリのアップデートでアプリの必要システム要件を「iOS 10」以降へとアップデートしており、現在「iOS 9」以前の端末で「Apple Store」の公式アプリを起動しようとすると、以下のようなエラーメッセージが表示される仕組みになっています。

このエラーメッセージには「iOS 10」へアップデートするために「設定」アプリ内の「ソフトウェアアップデート」に移動するためのボタンも用意されています。

「Apple Store」公式アプリの「互換性」の欄にも”iOS 10.0 以降”と記載されており、「iOS 9」以前のiOSを搭載した端末でもウェブブラウザからであればオンラインストアを利用することができますが、圧倒的に公式アプリを使ったほうが便利なので、まだ「iOS 9」以前のバージョンを利用している方は、この機会に「iOS 10」にアップデートしておきましょう。

Apple Store Apple Store 4.2
価格: 無料 (記事執筆時)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク