シカゴに建設中のApple Storeの屋根が「MacBook」だと話題に

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

現在、Appleはアメリカのシカゴに新しいApple Storeを建設中。このApple Storeの屋根のデザインが「MacBook」にそっくりだと話題になっていて、Appleが当初の計画にはなかったAppleマークを屋根に追加したことで、ますます「MacBook」に似たデザインになってきています。

スポンサーリンク

巨大な「MacBook」がアメリカのシカゴに登場

DNAinfoが公開した以下の動画は実際に「MacBook」を模したデザインのApple Storeの屋根にAppleのロゴであるリンゴマークを設置しているところで、屋根は「MacBook Pro」のようなアルミニウムシルバーのカラーリングで角が丸くデザインされていて、Appleのロゴを設置したことで一気に本物の「MacBook Pro」に近くなりましたね。

シカゴのApple Storeの設計を担当している国際的建築設計組織「フォスター+(アンド)パートナーズ」が2015年に公開したApple Storeの完成予定図を見ると、屋根にAppleのロゴを設置する計画はなく、当初の計画では屋根のデザインをここまで「MacBook」に近づける予定ではなかったことが確認できます。

このシカゴのApple Storeがいつ完成するのかはまだ未定ですが、店舗の壁は全面ガラス張りで「Google Earth」や「マップ」アプリで見たら巨大な「MacBook」に見えて面白そうなので完成が楽しみですね。

[via MacRumors]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク